MacBook Pro 2021 14インチ 最安モデル予約!が2020モデルでも十分に感じてキャンセルする?

2021年10月19日午前2時(日本時間)にアップルから新型MacBook Proが発表され、10月26日から発売となります。

私も早々に予約だけしました。

とはいっても一番安いモデルです。カスタマイズすると恐ろしい値段になるし、スペック的に最安モデルでも十二分だと思ったので。

が、私の愛機は2020年に購入したばかりのM1 MacBook Pro。
ウェブ閲覧やYouTube視聴、SNSやオフィスソフト系ならスペックを持て余すほどの高性能。
さらにちょっとしたフルHD画質くらいの動画編集なら不自由を感じていません。

そして何より手放したくないのが、世間では大不評のTouchBarです。

プロフェッショナルな作業を行う場合は、直感的にタッチできる物理キーボードタイプのファンクションキーが良いというのはわかります。
ですが、私のMacに求めるものは見た目です(笑)
このタッチバーが欲しくて、ほぼ同性能で安価なM1 MacBook Airを買わずに、あえて3万円くらい高いM1 MacBook Proを購入しました。
それが2021モデルで消えてしまいました。
絶賛の嵐の中、大きな声では言えませんが、私は残念でした。

一方でHDMI端子が今回から復活したのは嬉しい。
あとはミニLEDディスプレイと6スピーカーによる音質が良さげ。

本当にこのまま購入してよいのか?
メインのWindowsノートPCの倍の金額。
一週間で数時間しか使わないようなサブノートに金額に見合う価値があるのか?
今一度、スペックを見直して冷静に判断しようと思います。

MacBook Pro 最安モデル2020 vs 2021 選んで機種のスペック比較

項目MacBook Pro 2020MacBook Pro 14 2021コメント
価格148,280円(税込)239,800円(税別)10万円も高い。
その価値があるのか?
カラースペースグレイスペースグレイ色は同じ
ディスプレイRetinaディスプレイ
IPSテクノロジー搭載13.3インチ(対角)LEDバックライトディスプレイ
500ニトの輝度
Liquid Retina XDRディスプレイ
14.2インチ(対角)ミニLEDバックライトディスプレイ9
最大1,000ニトの持続輝度(フルスクリーン)、1,600ニトのピーク輝度
ProMotionテクノロジーによる24〜120Hzのアダプティブリフレッシュレート
超高画質なミニLEDで120Hzのリフレッシュレートによる滑らかな画像は一度味わうと病みつきになるのでヤバい
解像度2,560 x 1,600ピクセル3,024 x 1,964ピクセル2020モデルでも十分な解像度だし、じっくり仕事は外部ディスプレイを使うので現状不満なし
本体サイズと重量高さ 1.56cm
幅 30.41cm
奥行き 21.24cm
重量 1.4kg
高さ 1.55cm
幅 31.26cm
奥行き 22.12cm
重量 1.6kg
外寸は対して変わらずだが、重さがたった200gされど200g。通勤電車で1時間以上の私には地味にこたえる重さ
SoCApple M1チップAppke M1 Proチップ早くてもそれを使いこなすアプリと作業をしないのであれば宝の持ち腐れ
CPU高性能4 + 高効率4高性能6 + 高効率2一番安いモデルだけ8コアなのはセコい。1.7倍の高性能とうたっているが、ハードな使い方をしなければ、ベンチマークとか比較しないとわからないかも
GPU 8コア 14コア 対応したゲームが少ないので恩恵にあずかるケースがあまりない
NPU16コアNeural Engine
67GB/sのメモリ帯域幅
16コアNeural Engine
200GB/sのメモリ帯域幅
ヘビーな動画編集とかしない私にとって体感的にわかるレベルなのだろうか?
RAM8GB16GBお金があれば32GBにしたかった
ストレージSSD 256GBSSD 512GB本当は1TBが良かったが、サブPCとしての利用なので512GBでも大丈夫かな?現在でも128GBくらいしか使ってないので
生体認証Touch ID(指紋認証)Touch ID(指紋認証)ノッチがあってFaceIDなしなのは残念
バッテリー最大20時間
58.2Whリチウムポリマーバッテリー内蔵
61W USB-C電源アダプタ
最大17時間は11時間となってる
70Whリチウムポリマーバッテリー内蔵
67W USB-C電源アダプタ
性能を考えれば17時間もてば十分だが、ワイヤレスインターネット時は2020は17時間に対して2021は11時間と短いのは不安だな
カメラ720p FaceTime HDカメラ1080p FaceTime HDカメラ仕事でのZoomでしか使い道ないから逆に画質汚いくらいが嬉しい
メディアエンジンハードウェアアクセラレーテッドH.264
HEVC
ProRes
ProRes RAW
ビデオデコードエンジン
ビデオエンコードエンジン
ProResエンコード/デコードエンジン
動画編集に力入れているな
オーディオハイダイナミックレンジステレオスピーカー
ワイドなステレオサウンド
ドルビーアトモス再生に対応
フォースキャンセリングウーファーを備えた、原音に忠実な6スピーカーサウンドシステム
ワイドなステレオサウンド
内蔵スピーカーでのドルビーアトモスの音楽またはビデオ再生時は空間オーディオに対応
AirPods(第3世代)、AirPods Pro、AirPods Max使用時の空間オーディオとダイナミックヘッドトラッキング
端子Thunderbolt / USB 4ポート x 2
3.5mmヘッドフォンジャック
Thunderbolt 4(USB-C)ポート x 3
HDMIポート
SDXCカードスロット
3.5mmヘッドフォンジャック
HDMI端子は仕事でのプレゼン時はもちろん、外部ディスプレイ利用が多いので配線がスリムになって嬉しい
キーボードバックライトMagic Keyboard
4つの矢印キー
Touch Bar
Touch ID
環境光センサー
バックライトMagic Keyboard
12個のファンクションキー
4つの矢印キー
Touch ID
環境光センサー
Touch Barがなくなったのは悲しい。これだけで2020モデルで良い気がしている
ワイヤレス802.11ax Wi-Fi 6
Bluetooth 5.0
802.11ax Wi-Fi 6
Bluetooth 5.0
変わりませんね。Wi-Fi6対応なので安心

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です