新型iPad mini 6レビュー – iPad Pro 12.9を手放した理由

2021年9月24日にAppleより発売された新商品『iPad mini 第6世代』をアップルストアで予約・購入しましたので、写真を交えてひとくち感想・レビューします。

買い物メモ
  • 商品名:iPad mini 第6世代
  • メーカー:アップル
  • 購入日(到着日):2021年9月24日
  • 散財額:77,800円
  • 購入先:Apple Store

新型iPad mini 第6世代スペック

本体サイズ高さ195.4 x 幅134.8 x 厚さ6.3 mm
本体重量Wi-Fiモデル:293g
Wi-Fi + Cellularモデル:297g
ストレージ容量64GB / 256GB
本体カラースペースグレイ、ピンク、パープル、スターライト
SoC64ビットアーキテクチャ搭載A15 Bionicチップ
CPU高性能2コア + 高効率4コア
GPU5コア
NPU16コアNeural Engine(15.8兆回/秒)
メインメモリ4GB
トランジスタ数150億個
ディスプレイLiquid Retinaディスプレイ
IPSテクノロジー搭載8.3インチ(対角)LEDバックライトMulti-Touchディスプレイ
2,266 x 1,488ピクセル解像度、326ppi
広色域ディスプレイ
True Toneディスプレイ
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
1.8%の反射率
500ニトの輝度
Apple Pencil(第2世代)対応
カメラ12MP広角カメラ、ƒ/1.8絞り値
最大5倍のデジタルズーム
5枚構成のレンズ
クアッドLED True Toneフラッシュ
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
パノラマ(最大63MP)
スマートHDR 3
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
高度な赤目修正
写真へのジオタグ添付
自動手ぶれ補正
バーストモード
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG
ビデオ撮影4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
クアッドLED True Toneフラッシュ
1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
連続オートフォーカスビデオ
再生ズーム
ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264
FaceTime HDカメラアウトカメラ12MP、インカメラ12MP
12MP(1200万画素)超広角フロントカメラ、122°視野角
ƒ/2.4絞り値
スマートHDR 3
1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正
Retina Flash
自動手ぶれ補正
バーストモード
スピーカーステレオスピーカー(横向き)
マイク通話、ビデオ撮影、オーディオ録音のためのデュアルマイク
Wi-Fi802.11ax Wi‑Fi 6
同時デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)
MIMO対応HT80
携帯電話通信5G NR(バンドn1、n2、n3、n5、n7、n8、n12、n20、n25、n28、n29、n30、n38、n40、n41、n48、n66、n71、n77、n78、n79)4
FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、32、66、71)
TD-LTE(バンド34、38、39、40、41、42、46、48)
UMTS/HSPA/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
SIMnano-SIM(Apple SIMに対応6)
eSIM6
位置情報全モデル:デジタルコンパス、Wi-Fi、iBeaconマイクロロケーション
Wi-Fi + Cellularモデル:Built‑in GPS/GNSS、携帯電話通信
センサーTouch ID
3軸ジャイロ
加速度センサー
気圧計
環境光センサー
Touch IDiPadのロック解除
アプリ内での個人データ保護
iTunes Store、App Store、Apple Booksでの購入
Apple PayTouch IDを使った、アプリ内とウェブ上でのiPadによる支払い
充電と拡張性USB-Cポートで以下に対応:
充電
DisplayPort
USB 3.1 Gen 1(最大5Gb/s)
電源とバッテリー全モデル:
19.3Whリチャージャブルリチウムポリマーバッテリー内蔵
Wi‑Fiでのインターネット利用、ビデオ再生:最大10時間
電源アダプタ、またはUSB-C経由でコンピュータを使って充電
Wi-Fi + Cellularモデル:
携帯電話データネットワークでのインターネット利用:最大9時間
オーディオ再生対応ビデオフォーマット:HEVC、H.264、MPEG-4 Part 2、Motion JPEG
ドルビービジョンとHDR10コンテンツに対応
Apple TV(第2世代以降)またはAirPlay 2対応スマートテレビへの、最大4KのAirPlayミラーリング、写真、ビデオ出力
USB-C Digital AV MultiportアダプタおよびUSB-C VGA Multiportアダプタ経由のビデオミラーリングとビデオ出力に対応(アダプタは別売り)
BluetoothBluetooth 5.0(3.5mmイヤホン端子なし)
防水・防塵性能非対応
端子USB Type-C
生体認証指紋(電源ボタン内蔵型Touch ID)
同梱物iPad mini 本体
USB-C充電ケーブル(1m)
20W USB-C電源アダプタ
価格(税込)Wi-Fiモデル:64GB 59,800円、256GB 77,800円
セルラーモデル:64GB 77,800円、256GB 95,800円
予約開始日2021年9月15日(水)発表と同時
発売日 2021年9月24日(金)

iPad mini 6 開封の儀レビュー

iPad mini 6のパッケージは従来通りビニール包装されていました。
iPhone13では環境に配慮してビニール包装はないようですが、同時発売なのに統一されていませんね。

本体を取り出すとその下に同梱物として、20Wの充電アダプタと、USB-C to USB-Cケーブルが入っています。
渡しの場合は充電器は必要ありませんが、ケーブルはありがたいです。
MacBook Pro M1との接続はこのケーブルでも良いのですが、iTunesでの楽曲管理はストレージ容量の関係でWindowsパソコンで行っているので、結局のところUSB-A to USB-Cケーブルが必要になってしまうので、こちらのケーブルはこのまま箱に保管しておくことになりそうです。

充電器は20Wタイプ。
Andoroidスマホはもっと大容量で高速充電できるので、アップル製品も高速充電できるようになってほしいものです。

今回からiPad mini本体の接続コネクタがLightningからUSB Type-Cになったのは大歓迎。
iPad Pro 12.9やMacBook ProもUSB-C端子で充電しているので、ケーブルの整理が進みます。

iPad mini 6本体の背面。
今回選んだカラーは「パープル」。
これが薄すぎず濃すぎずでちょうど良い濃淡の紫色で、男性でも女性でも関係なく持てるんじゃないかな。
仕事で使っても支障がないオシャレなカラーになっています。

本体の重さを測定。

本体重量は293g。
カタログ記載の本体仕様と完全一致。
軽いです。
iPad Pro 12.9の半分以下です。大きさも半分以下なので相応のサイズ感ではありますが、持ち運びが苦にならないベストな大きさとなっています。

本体の下部には、iPad mini初のUSB-C端子です。

本体上部には電源ボタンがありここは内蔵型Touch ID認証となっており、FaceIDの呪縛から開放されます。

新型コロナウイルス感染症対策でマスク着用がまだ必要な状況で、iPhone 12 Pro MaxではApple Watch経由で、マスクをしたままFaceIDによるロック解除ができるので良いのですが、iPad Pro 12.9では兼用ができないので、指紋認証ができるのは本当に助かります。

本体外観で残念なポイントが一つあります。
このカメラです。

1200万画素と高性能なのは良いのですが、本体よりも浮き出てしまっています。
iPad mini 4やiPad mini 5はカメラの出っ張りもなく、フラットな状態なので裸使用の際に、そのまま机に置いてもガタつくことはなかったのですが、こちらはケースなしだと、タッチするたびにペコペコ音がなってしまうのは残念。
iPad miniで写真撮影やビデオ撮影はまったくといってほど使わないので、性能落としても良いから出っ張らないようにしてほしかったです。
とはいえ、けっこう外国人やお年をめした方なんかはiPadで撮影する方もけっこう見かけるので、これはこれで良いのでしょうね。

iPad Pro 12.9とiPad mini 4と比較

新型iPad mini 6は今使っている iPad Pro 12.9とiPad mini 4を入れ替える目的で購入しました。
実際に大きさを比較してみました。

iPad mini 4 Cellularモデル(右側)と並べてみました。
外観の大きさはたいして変わりません。
しかし表面については、ホームボタン廃止が大きく影響して、画面サイズは大きくなっています。

重ねてみると、若干iPad mini 4の方が縦長な印象を受けます。

そしてiPad Pro 12.9にiPad mini 6を載せてみました。

iPad Pro 12.9の大きさをあらためて実感させられます。
実際のところ、iPad mini 6を2台並べても、なおiPad Pro 12.9の方が大きいのです。

ちなみにiPad Pro 12.9の重さはというと。

iPad Pro 12.9の本体重量(ガラスフィルムを貼り付けたままですが)677gとiPad mini 6の倍以上あります。
大きすぎます。

iPad Pro 12.9と比較したポイント

iPad Pro 12.9が良いところ

  • 大きいは正義。B5サイズノートサイズで、A4用紙サイズの資料の読み書きが余裕でできる。議事録も手書き入力で余裕でいける
  • 漫画の見開きや雑誌がズームインせずそのままで読める
  • スピーカーの音が低音がよくでていて音圧もあって音楽鑑賞にも十分耐えられる音質をほこる
  • 120hzの画面描写はヌルヌル動いて気持ちいい
  • 画像や動画編集、楽曲制作アプリのような細かい操作やメニューが多数あるものでも余裕でこなせる

iPad Pro 12.9の悪いところ

  • 本体や画面の大きさはメリットでもありデメリットでもあります。私の用途では大きくて重いので持ち運びが苦

iPad mini 6が良いところ

  • 片手で読める手軽なサイズと重量感
  • ノートパソコンと一緒に仕事に持ち運ぶので、カバンが軽くなって満員電車等の外に持ち出すのにも便利
  • スーツのジャケットのポケットにもギリギリ入るサイズ
  • iPad miniシリーズ初のステレオスピーカーになったので、映画鑑賞や音楽をBGMとして流しっぱなしにする用途にも耐えられるものになった
  • Apple Pencil 2に対応したので、メモ帳代わりとしても役立つ。ペーパーレス化がまた一歩進んだ
  • 紙のシステム手帳を本気でデジタルシフトできそうだ

iPad mini 6の悪いところ

  • 12.9インチを使っていたのでiPad miniとしては8.3インチに大きくなったといっても、小ささを感じる。iPhoneとiPad Proの間の子として中途半端なサイズと言われても否定できないサイズ感
  • 内蔵スピーカーの音質はステレオになり音質も向上はみえるものの、中高音域の音が薄く感じる
  • 雑誌は拡大しないと文字を読むのが辛い。漫画も見開きは読みづらい。縦読み1ページ単位推奨
  • 編集系アプリを操作するには画面サイズが小さくて厳しい
  • 新型iPad miniの解像度に対応していないアプリが思いのほか多く、左右に黒縁のスペースができてしまい、せっかくの解像度を活かしきれないことが多い。Amazon Prime Videoのアプリも同じ現象になるので、映像がより小さくなってしまう

iPad mini 6はこんな人におすすめ

Apple iPad mini 6は「コンテンツ消費向けデバイスが欲しい方」におすすめです。

iPad mini 6 のレビューまとめ

今回は「新型iPad mini 6レビュー – iPad Pro 12.9を手放した理由」について書きました。
結論からして常に携帯して持ち運び仕事で使うデジタルデバイスとして、iPad mini 6をビジネスパートナーとして選ぶことにしました。
12.9インチは一度手にとれば使い勝手はiPad史上最強なのは間違いありません。
しかし、常に一緒に持ち運ぶとなると話は別です。
持っていくぞという気にならないと、スタンドに置いたままとなってしまいます。
家でもメディアプレーヤーとしてのポジションとなっているのが現状です。
2015年9月に買ったiPad mini 4はさすがに動作が重く、ここ2年は使っていませんでした。
ようやくこの中型タブレットの大本命が誕生したことにより、機動力をもったタブレットが復活。
仕事で持ち運ぶことをメインにiPadは使いたいので、iPad Pro 12.9から乗り換えることを決意しました。
と書きましたが、家の中だけで使うという前提であれば、間違いなくiPad Pro 12.9がベストチョイスだと思います。
iPad mini 6がガジェットユーチューバーさんたちを筆頭に盛り上がっていますが、iPad mini 4やiPad Proとできることはほぼ一緒。大きさと重さを軸に選べば良いのかなと思いました。
買い替えて「これマジスゲー!」とか思うのは最初の数日だけですから。

満足度
 (4)

購入場所

今回「iPad mini 第6世代」を購入したのは「アップルストア」のアプリからです。
ネット通販先は下のボタンからアクセスできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です